日本のリハビリにおける課題

「脳梗塞リハビリステーション福岡」が考える日本のリハビリにおける課題

「脳梗塞リハビリステーション福岡」は、脳梗塞の後遺症に悩む方々に十分なリハビリを受けていただく環境作りを目指して開設しました。

回復期リハビリテーション病院やデイケアなどの患者さんと関わると、もっと充実した個人のニーズを満たせるリハビリ環境が必要だと感じることは多いです。

しかしながら、現在の日本の制度においては、その環境を提供するのは難しいといえます。なぜなら、

①リハビリの期間が定められている

②目標を自分で決められていない

③公的保険制度は国民のすべてのニーズには対応できない

からです。このような課題に直面し、リハビリの力を熟知している我々は脳梗塞後遺症の改善を目的としたサービスを立ち上げました。

課題1:リハビリを受けられる期間が定められている

脳梗塞の患者さんは現行の診療報酬制度では150日~180日までしかリハビリは受けられません。また現在は回復期リハビリ病院でもいかに短期間で大きく改善できるかを評価する指標が導入され、現在の制度上最も充実してリハビリの受けられる回復期リハビリテーション病棟でも在院日数を短くすることが求められています。短期間で回復でき、社会や自宅に復帰できた方は良いのですが、回復に期間を必要とし、まだまだ回復できる可能性があるのに期間が来たために、退院せざるを得ないケースがあるのも事実です。

継続してリハビリを行いたいけれども、現在の制度では回復期リハビリテーション病棟を退院した後に、充実したリハビリを受けられる環境はほとんどありません。

結果的に諦めるか、現状で満足するしかないという状況になってしまいます。

課題2:目標を自分で決められていない

今までご自分の人生はご自身で決められてきたと思います。どの大学に受験するか、どの仕事に就くか、どんな事業を起ち上げるかなどです。しかし、脳梗塞になると、自分自身の身体に不自由が生じるのと同時に、目標や今後の人生を自分で決めることが難しくなります。そこで重要なのが専門家(医師や看護師、理学療法士など)の意見でしょう。専門家はたくさんの知識と経験を持ち、自分自身が関われる期間でどの程度までなら回復できるのか、どのような生活であれば送ることができるのかを教えてくれます。もしかしたら患者さんご自身が送りたい生活と専門家が判断する生活にはギャップがある場合があるかもしれません。

課題3:医療、介護保険などの公的保険制度はすべてのニーズに対応できない

まず第一に日本の公的保険制度は素晴らしいものだと思っています。

国民全員に世界でも最先端の医療を自己負担額を少なく提供できる制度です。

しかし、ここにはどうしても制限しないといけない部分が出てきます。国民全員が必ず満足する制度を作るのはまず無理でしょう。保険適用で提供できるサービス内容は、健康保険法や介護保険法で決まっています。決めない限り社会保障費は永遠に増え続けてしまうこともその1要因です。

制度の中の決められた枠では、世界で研究されている最新の治療法や治療機器の導入は遅れますし、なにより医療を受けられる方や期間が限定されます。

そこで私たちは脳梗塞後遺症の方々が一歩でも改善の道を進んでいけるようにサービスを提供させていただきます。

そうすることで医療や介護保険でのサービスとの併用ももちろん可能になります。

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス