完全マンツーマンでの施術

脳梗塞後遺症のリハビリ

脳梗塞・脳出血の後遺症は、破壊された脳細胞の箇所によって、症状が異なります。そのため、症状が起きている患者様の身体の仕組みについて的確な見極めが非常に重要になります。

「脳梗塞リハビリステーション福岡」では、完全マンツーマン体制で、お一人おひとりに合ったリハビリを、提携施設のリハビリ評価メソッド『リハセン式 1・2・3ステップアップシート』を用いて、状態にあった改善計画を立て、リハビリを進めていきます。

脳梗塞リハビリステーション福岡3つの特徴
脳梗塞リハビリステーション福岡3つの特徴

 

リハビリ評価メソッド、リハセン式 123ステップアップシートとは?

『リハセン式 1・2・3ステップアップシート』は、提携施設の脳梗塞リハビリセンターで延べ10,000以上の施術経験から開発した、リハビリ計画を「見える化」することを目的とした、オリジナルの評価システムです。

初回体験後、セラピストがカウンセリングと施術結果を踏まえ、ご利用者さまのリハビリの最終目標から逆算し、短期・中期目標と、その目標を達成するためのリハビリ内容をシートに落とし込みます。

いつまでにどのような改善目標を達成するのかが明確になるため、ご利用者さまからは大変ご好評いただいています。

独自リハビリメソッドを取り入れ「あなただけ」の改善計画をご提案させていただきます

脳梗塞の後遺症は、脳のどの場所に損傷をうけたかによって、症状や症状の程度、改善に向けたアプローチは異なります。そのため、おひとりおひとりの状態を正確に把握し、メニューを組むことが非常に重要になってきます。

脳梗塞リハビリステーション福岡では、専門のスタッフが知識や経験活かし、利用者さまおひとりおひとりのお悩みやご希望をお伺いした上で、改善に向けた「あなただけの」リハビリ計画をご提案いたします。

脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス