退院後について

病院を退院した後はどうしたらいいの?リハビリはどうなるの?

病院を退院した後、自宅に戻られる方、他の病院へ転院される方、施設に入られる方など退院後の生活はその方の希望や状況によって様々です。

その中でも、まず一番に気を付けるべきことは、脳梗塞の発症前と同じ生活習慣ではいけないということです。同じ生活習慣に戻してしまうと、また同じことを繰り返してしまいます。

そして、いままで病院で受けていたリハビリは、今後も受けるための選択肢があります。症状の程度にもよりますが、継続してリハビリを続けていくことで、回復へ向かう方もおられます。

医療保険・介護保険を利用する

⇒お医者さんの処方が必要になります

  • 病院で外来リハビリを利用する

自分で来院する必要があるため、ある程度自立していることが不可欠です。

  • 訪問リハビリを利用する

訪問リハビリは自宅にリハビリスタッフが来てリハビリを行います。

  • デイケアやデイサービスを利用する

施設へ通ってレクレーションを行ったり、リハビリを受けることが出来ます。

医療保険・介護保険を利用しない

  • 障害者手帳を申請し、就労支援施設を利用する

職業に復帰することを目的としたリハビリを行います。

  • 自分で家族とリハビリを行う(海外では一般的)

同居の家族とリハビリを行います。リハビリメニューは入院中のセラピストから指導してもらいましょう。

  • 自費サービスの利用(脳梗塞リハステ福岡)

近年、徐々に普及してきているサービスです。入院中のようなリハビリを退院後に受けることができます。

退院後はご家族など周囲の方々のサポートも必要となってきます。リハビリを続けていくことも、どんな風に病院や施設を利用することが出来るのか、入院中に病院の医療相談員やケアマネージャーなどに相談されてみることをお勧めします。

関連記事

脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス