自宅

自宅で生活しながらリハビリする方法は大きく2つあります。一つは自宅の中でリハビリを受ける方法、もう一つは自宅から施設や病院に通ってリハビリを受ける方法です。

自宅でリハビリを受ける

自宅でリハビリを受ける方法としては、

  1. 介護保険を使用して訪問リハビリを受ける
  2. 自分一人もしくは家族とリハビリを行う

という方法があります。

①介護保険を使用して訪問リハビリを受ける

訪問リハビリでは、自宅という慣れ親しんだ環境かつ実際に生活する環境での訓練ができるというのが最大のメリットです。自宅での生活で見えてくる課題に対して、どんなに施設などで同じような環境を作っても、実際の環境に勝るものはありません。自宅で実際に生活している環境の中で、繰り返して練習することを希望される方には、最も良いサービスになるでしょう。

介護保険を使用して訪問リハビリを受けるためには、介護認定を受けておく必要があります。また医師による診断も必要となります。詳しくは病院のソーシャルワーカーかケアマネージャーにお尋ねください。

②自分一人もしくは家族とリハビリをする

環境やケアプランなどに左右されず、いつでもどれだけでも実施できることが最大のメリットです。また、入院中や介護サービスをご利用の場合は、担当のセラピストに自宅でのリハビリメニューの紹介をお願いすれば必ず作ってくれると思います。ぜひ積極的に自宅でのリハビリメニューを紹介してもらいましょう。またリハビリの頻度は効果に関係します。正しい方法で練習を繰り返すことは改善への近道です。

改善を目指すのであれば、必ず実施していきましょう。

自宅から施設や病院に通ってリハビリを受ける

施設や病院に通ってリハビリを受ける方法は、

  1. 医療保険を使って外来リハビリを受ける
  2. 介護保険を使って通所リハビリ・通所介護を受ける
  3. 自費でリハビリを受ける

という方法があります。

①医療保険を使って外来リハビリを受ける

自分で病院に通って、外来のリハビリを受ける場合、当然医師からの診断が必要です。また近年では、医療保険での外来リハビリを、介護保険の通所リハビリや通所介護に移行するというような国主導の動きがあり、外来リハビリを積極的に実施している病院は少なくなってきています。またリハビリ自体も行う事が出来る期間が決まっているため、外来リハビリにずっと通い続けることはほとんどできなくなってきています。

②介護保険を使って、通所リハビリ・通所介護を受ける

通所リハビリでは医師の診断が必要であり、回復期病院のような専門職が多く配置されているのが特徴です。入院された方が自宅に帰った直後から、手厚いリハビリが受けられるように通う施設として存在しています。そのため、利用開始時には手厚いリハビリが受けられる体制をとっている施設が多く、入院環境から自宅での生活環境への変化をなじませる部分を担っています。

③自費でリハビリを受ける

脳梗塞リハビリステーション福岡でのリハビリがこれに当たります。自費でリハビリを受けることのメリットは、保険制度の枠組みにとらわれない点です。公的保険制度ではリハビリの量や質が制度によってきめられています。そのため、リハビリを提供したくでも保険制度を使用している限り特別扱いはできません。自費でリハビリを受ける場合、保険制度に捉われないため、リハビリの量や質を自由に決めることができるのです。徐々に日本中でこのようなサービスが広がってきています。

関連記事

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス