「第4回 脳梗塞リハビリフォーラム」を開催いたしました!!【その①】

427日(金)に

「第4回 脳梗塞リハビリフォーラム」を開催しました!

 

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

 

 

今回のフォーラムでは、

ドクターメイト株式会社 

代表取締役/医師 青柳 直樹 先生

より、高齢者に多い「褥瘡(じょくそう)」

についてご講演いただきました。

 

現役の医師でいらっしゃる青柳先生からのお話は

大変貴重なものでした。

 

まずは、皮膚の構造とその役割についてお話したいと思います。

皮膚は3層構造になっており、それぞれで役割が異なります。

 

まず、私たちが一般に皮膚と言っている

体を覆っているもの=表皮 と言います。

これは主に体の水分を保つ役割をしています。

つまり、この機能が衰えることで、

皮膚が破れやすくなってしまいます。

 

表皮の下には真皮という少し厚い層があります。

ここには、コラーゲンが含まれます。

これが衰えることで、ハリがなくなる=シワが出来る

ということが起きてしまいます。

さらに、今からの時期、女性の敵である紫外線の影響を

強く受けてしまいます。

紫外線の影響でシミやたるみが出来てしまうのです。

また、血管が衰えたり神経が鈍ることで感覚が低下するとのこと!

今まで多少おろそかにしてきた紫外線対策・・・

今年はしっかりやろうと思います・・・

 

最後に一番下にある皮下脂肪についてですが、

クッションと体温調節の役割を持っています。

この機能が衰えると、痛みを強く感じてしまうことになります。

 

機能について詳しくお話を聞くと、

皮膚の大切さを痛感させられました。

 

 

次回は「褥瘡」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

<お問い合わせ>

★脳梗塞リハビリステーション福岡

TEL0120-924-409

メール:info@kyu-reha.jp

関連記事

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス