冬の脳梗塞に気を付けましょう!!

1月に入ってから、一段と寒くなってきました。

 

福岡でも2週間前に積雪しましたが、

先日、東京で20㎝を超える積雪があり、

非常に寒い時期になってきております。

 

それに伴い、インフルエンザも流行してきています。

手洗い・うがい・マスクの着用など、

外出の際には気を付けたいものです。

 

 

 

さて、冬という今の時期は、

脳梗塞の発症が増える時期と言われています。

 

その理由は、「気温」です。

血圧は寒いと、健康な人でも上がってしまいます。

 

ということは・・・

 

もともと血圧の高い方はさらに高くなってしまいます。

さらに、寒いところから暖かいところへの「温度差」で、

血圧は変動します。

この血圧の変動が大きいほど、

血管にかかる負担は大きくなりますので、

脳出血を発症しやすくなると言われています。

 

例えば、お風呂の脱衣所と浴室・浴槽での「温度差」は、

入浴前に脱衣所を温めておくといいでしょう。

 

 

また、「隠れ脱水」も原因の一つです。

 

冬は夏のように汗をかくことはありません。

しかし、冬の外気はもちろん、乾燥している空間で生活していると、

体の水分は徐々に失われています。

それにより、血液がドロドロになり、

脳梗塞を発症しやすくなってしまいます。

 

冬は知らないうちに脱水になっています。

こまめな水分補給を行うようにしましょう。

関連記事

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス