「第4回 脳梗塞リハビリフォーラム」を開催いたしました!!【その②】

前回は皮膚の役割についてお話ししました!

今回は、「褥瘡(じょくそう)」についてお話したいと思います。

 

皮膚も年をとることで様々な問題が発生してきます。

特に寝たきりになると、骨が出ている部分の皮膚が

骨とベッドで圧迫されることにより、皮膚が傷付いてしまいます。

 

これを「褥瘡」といいます。

つまり、圧迫されることによって

皮膚に酸素が行かなくなり、

皮膚が死んでしまう状態にまで進んでしまうのです。

 

「褥瘡」には状態によって区分がされてあります。

例えば、皮膚が一部赤くなっているだけのものから、

骨まで見えてしまっているものまであります。

 

この進行状況によって、治療期間がかわってきます。

短くても13日、長くて223日、つまり半年以上もの

治療期間が必要になります。

 

動かないということで、

「褥瘡」のリスクは36になってしまいます。

そのため寝たきりの方には「褥瘡」を防ぐために、

2時間おきの体位交換が必要になります。

 

つまり、「褥瘡」ならないためには、予防が何より大切なのです!

 

「褥瘡」の予防に取り組むには、介護だけでなく、

医療も連携して取り組んでいく必要があるのだと

改めて感じました。

 

 

今回、ご参加頂いた皆様、

誠にありがとうございました!!

 

 

<お知らせ>

5回脳梗塞リハビリフォーラムの開催が決定いたしました!

【開催概要】

●開催日時:518日(金)

18302030(受付開始 1800~) 

●会場:脳梗塞リハビリステーション福岡

●住所:福岡市中央区天神3丁目3-7 天神応順ビル7

●費用:1,000

●講演テーマ:『リハビリを行う際の栄養状態の重要性』

 

詳細はこちらのお知らせをご覧ください!

https://kyu-reha.jp/info/20180507/ 

 

 

<お問い合わせ>

★脳梗塞リハビリステーション福岡

TEL0120-924-409

メール:info@kyu-reha.jp

 

関連記事

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス