「より良い在宅医療を考える会」に参加しました!

10月4日に早良病院で行われた「より良い在宅医療を考える会」に

センター長の松尾が参加してまいりました。

 

代表世話人であります天神けやきクリニックの園部院長より

この会の趣旨と活動内容などの説明があり、大変勉強になりました。

 

国により在宅医療が推進されている現代の日本では

地域における在宅診療においても医師の専門性を活かした

治療が求められます。

しかしながら現状ではその専門性が活かしきれておらず、

本来は更に質の高い医療が提供できるはずが

専門性が伴わず、質の担保の部分に課題があるとのことでした。

 

そこで「よりよい在宅医療を考える会」では

在宅医療をより良いものにしていくために、症例検討を

通して、前向きな検討をしていくということでした。

脳梗塞リハビリステーション福岡でも介護サービスとの

連携が進んでおります。

最近は回復期病院との連携件数も増えてまいりました。

医療や介護保険の中の強みと保険外の強み、またお互いの

弱みを活かし、補いながら、よりより在宅サービスを

構築していければと思っております。

 

脳梗塞リハビリステーション福岡では、地域の在宅サービス事業所様との

連携に積極的に取り組んでおります。

何でもご相談ください!

 

関連記事

月1回リハビリプラン
脳梗塞リハビリフォーラム
脳梗塞リハビリステーション福岡へのアクセス